【お得!】警察官(公務員)向け ふるさと納税のやり方5ステップ

私生活の応援
れお巡査
れお巡査
  •  ふるさと納税って、本当にお得なの? 
  •  手続きがややこしいんでしょ?

  • ふるさと納税はお得だって聞くけど・・・めんどくさい。

そう思っている警察官は、すごく多いです。

ズバリ! ふるさと納税

  • すっごくお得
  • 手続きは簡単
  • もちろん合法

警察官こそ、やるべきです!

もーやん
もーやん
  • こんにちは!もーやんmowyanです。
    警察官在職30年以上の元刑事です。
  • いつもコメントをありがとうございます!
    『面白かった!』のひと言でもうれしいです。

    >>もーやんプロフィールはこちら

どのwebサイトで納税すればいいのかについては、こちらの記事をご覧ください。
>>【徹底比較】ふるさと納税 おすすめのwebサイト・おすすめの返礼品

 

国の制度はややこしいので、わかりにくいですが、本当にお得です。

警察官は、面倒なことが嫌いなので、やらない人が多いです。

この記事を読んで、ほぼ無料で、全国の特産品お取り寄せを、家族で楽しんでください!

きっと家族は大喜びです!

😊この記事でわかること

  • ふるさと納税がなぜお得なのかがわかる
  • ほぼ無料で全国の特産品お取り寄せを家族で楽しむことができる!
  • ふるさと納税に詳しくなると、職場で尊敬される。

ふるさと納税を簡単に言うと・・・

  • 今年 20,000円の寄付(ふるさと納税)をすると
  • 今年 約6,000円分の返礼品が届き
  • 来年 20,000円分の税金が減額される
    (ただし手数料が、年2,000円だけかかる)

という仕組みです。

つまりほぼ無料で返礼品がもらえる!!!

こう書いてみるとウサン臭い。でもちゃんとした国の制度です。

この記事では、なぜ無料で貰えるのかをわかりやすく解説します。

また、ふるさと納税のデメリットも合わせて説明します。

読み終えたら、絶対にお得だと確信することができ、少ない人でも年に4万円以上の商品が、もらえるようになりますよ!

今日、この機会に、まずは1か所ふるさと納税をやってみましょう!

ふるさと納税のやり方 簡単5ステップ

簡単なやり方 5ステップ

手続きがややこしいんでしょ?という方のために、まずは

実際にどうすれば納税できるのかを説明します。

他の方法もありますが、まずは一番簡単な方法を説明します。

ふるさと納税 簡単 5ステップです。

ふるさと納税 簡単 5ステップ
  • step1
  • step2
    注文する

    欲しい商品(例えば:牛肉ハラミ1kg・10,000円・△△村)を選んで、注文する

    支払いはクレジットカードでもOK!やり方は通販と同じ

  • step3
    自動的に市町村(△△村)に寄付(納税)される

     

    クレジットなどで支払った10,000円が、納税される仕組み。

    寄付した市町村から、返礼品として寄付額の30%(3,000円程度)の牛肉ハラミ1kgが届く

  • step4
    『寄附金税額控除に係る申告特例申請書』が届く

     

    商品とは別に、市町村から郵送で届く

    これがいわゆる『ワンストップ特例申請書』のこと

  • step5
    申請書を送り返す

     

    『寄附金税額控除に係る申告特例申請書』(ワンストップ特例申請書)に必要事項(名前・生年月日・マイナンバーなど)を記入して、市町村に返送する

     以上

これだけです!

届くのは自動的に届くので、実際にやることはステップです。

実際にやる 3ステップ

これだけで、返礼品がもらえちゃうんです。

楽天公式ページ以外のwebページが気になる方は、こちらをご覧ください。

>>【徹底比較】ふるさと納税 おすすめのwebサイト・おすすめの返礼品

 

警察官・公務員が ふるさと納税をやらない理由

ズバリ!
制度がややこしいからです。

警察官や消防士などは、ややこしい事、面倒な事を嫌がる人が多いです。 

そんなにお得って? 何かだまされてない?』なんて思ってしまいます。

でも、理解すれば、ややこしくはありません。

『だまされている訳ではない』ことも理解できます。

楽天ふるさと納税 + 楽天カードで お得が倍増

楽天ふるさと納税をするときに、楽天カードで支払うのがおすすめです。

納税なのにポイントが付く?

楽天ふるさと納税の支払いを、楽天カードにするとポイントが付きます。

しかも通常ポイントだけでなく、SPUポイントという加算ポイントが付くので、驚くほどたまります。

  • 楽天会員で+1倍(1%)
  • 楽天市場アプリ(ケータイ)使用で+1倍(1%)
  • 楽天カード支払いで+2倍(2%)

と、この3つで4倍のポイント獲得です。

4倍のポイントって?

「4倍」というのは、4%という意味です。

つまり10,000円分のふるさと納税をすると、400円分のポイントが付きます。

楽天カードで支払うだけで、2%もつくとは、驚きですね。

更に、

  • 楽天カードを楽天銀行経由で支払うと+1倍
  • 5と0が付く日に注文すると+2倍

と、この5つで6倍のポイント獲得です。

年に50,000円のふるさと納税をする人なら、6%=3,000円です。

もちろん、他のSPUやお買い物マラソンなども加算すると、更にお得です。

ふるさと納税をするなら、楽天ふるさと納税 + 楽天カードがお得です。

\年会費は永年無料!/

>>楽天カード公式ページはこちら

※今なら、新規開設で 5,000ポイントもらえる!

  

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは?

総務省によると、

 ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を超える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度

という説明ですが、なんだか分かりにくい説明ですね。

簡単に言うと、

 来年、支払うべき税金を、今年、先払い(好きな自治体に寄附)することで、タダで返礼品が貰える仕組み

です。ただし年に2,000円の手数料が必要です。

 例えば・・

  • 今年→ 30,000円の寄付(ふるさと納税)をすると
  • 今年→ 約30%分(約9,000円分)の返礼品が貰えて
  • 来年→ 支払う税金が28,000円分減額される

つまり、2,000円の手数料だけで、約9,000円分の返礼品が貰えちゃうんです。

実質無料で返礼品が貰えるといっても、過言ではないです!

返礼品ってなに?

ふるさと納税は、お金がない田舎の自治体(ふるさと)を助けるための制度です。

ふるさとって言っても、あなたの本当のふるさとでなくても構いません

  •  「〇〇町に旅行に行ったけど、もっと応援したいから寄付しよう」とか
  •  「△△県が災害に遭ったから、応援して復興の手助けをしよう」とか

北海道から沖縄まで、どの自治体(都道府県・市町村)に寄付しても良いんです。

  1. 自分が応援したい市町村に寄付をして
  2. 寄付に対して市町村が『返礼品』として、お礼の品を贈る

というのが、本来の趣旨です。 

でも

応援したい市町村と言うよりも、

欲しい返礼品で寄付先を選んでいるという人が多いんです。

つまり、

「〇〇村のりんごが甘くておいしいから、りんごを貰うために寄附しよう」

って感じで、先に返礼品を決めて、ポチっとする人がほとんどです。

 

僕は、りんごが大好きで、かなりのリピーターです。いろいろなりんごをごちそうになりました。

『やっぱり焼肉!』という方も、豪華な肉の食べ比べをするなど、

  • おいしい肉を味わう
  • リッチな贅沢感を味わう

という二つの楽しみを、家族で味わえます!

しかも実質無料なんです。

 

返礼品には、お肉、お米、海産物、お菓子、スイーツ、果物、野菜、日用品、施設利用料など、驚くほどあらゆる物が用意されています。

 

どのwebサイトを見れば良いのか、返礼品は何がお得かについては、この記事をご覧ください。
>>【徹底比較】ふるさと納税 おすすめのwebサイト・おすすめの返礼品

ワンストップ特例申請って?

確定申告をしなきゃいけないの?ワンストップ申請でカンタン手続き

『確定申告』という聞いた途端、

  • 『あぁ、俺には無理!めんどくさい!』

と思いましたね?

そう。だから『ふるさと納税は絶対にお得』なのに、敬遠してしまうんです。

寄附しただけでは、税金が減額されません。

 

でも大丈夫!皆さんにわかるように説明します!

『ワンストップ特例制度』の手続きをする(書類を郵送するだけ)と、確定申告が不要なんです。

ワンストップ特例制度とは?

毎年、確定申告をしていない公務員・サラリーマンなどがふるさと納税をした場合、確定申告をしなくても税金が減額される制度です。

適用の条件は、3つです。

  1. 他に確定申告の必要がないこと(毎年、確定申告していないサラリーマンなど)
  2. ふるさと納税先の自治体数が、5自治体以内であること(6以上の寄付をすると確定申告の必要がある)
  3. 各ふるさと納税先の自治体に、申請書を提出すること

ふるさと納税先の自治体が6つになると、ワンストップ特例制度は利用できず、確定申告をしなければなりません。

また、医療費控除などで確定申告をする年は、ワンストップ特例制度は利用できず、ふるさと納税分もあわせて確定申告書に記載する必要があります。

ワンストップ特例申請のカンタン4ステップ

確定申告を不要にするための申請手続きは、3ステップです。

ワンストップ申請のカンタン4ステップ
  • step1
    申請書が届く

    「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」が郵送されてきます。

    返礼品とは別に届きます。

  • step2
    申請書に必要事項を記入する

    住所・氏名・生年月日・マイナンバーなど

  • step3
    本人確認書類を準備する
    • マイナンバーカードがある方は
       マイナンバーカードの両面コピーのみでOK
    • マイナンバーカードがない方は
       通知カードのコピーまたはマイナンバー記載の住民票と
    •  身分証明書(運転免許証など)のコピー

  • step4
    返送する

    記入した申請書・本人確認書類を、寄附した市町村役場へ郵送する

たったこれだけです。

これだけで、来年支払うべき住民税から減額されます。

公務員・会社員の人は、毎年5月頃に、『住民税の決定通知書』が手元に届きます。
この明細をみると、減額されていることが確認できます。

いつもこんな紙が届きますよね。。。

53,001円+35,454円=88,455円が控除(支払うべき住民税から減額)されているということです。

※ 通常は空欄です。

ふるさと納税の上限額

自分の上限額を知る

税金の減額ですから、納めている以上の減額はありません。
つまり限度額以上の寄付をしても、控除されません。

たくさん納税している人ほど、ふるさと納税の年間限度額は大きくなります。

ふるさと納税をする前に、自分の限度額を知っておきましょう。

年間上限額は ざっくりこのぐらい・・

妻と子ども2人世帯で

  • 年収500万円の人
    → 年間上限額 約5万円
  • 年収900万円の人
    → 年間上限額 約14万円

※ 年間上限額5万円を超える人が、50,000円のふるさと納税をすれば、約15,000円分の返礼品がもらえるということです。

 

ふるさと納税のデメリット

ここまでふるさと納税のメリットを中心に話してきましたが、デメリットも分かっておくことが大切です。

 デメリットはたった一つ

  • 来年、支払うべき税金を、
  • 今年、先払いする

ということです。

今年50,000円分のふるさと納税をすると、来年度48,000円分の税金が減額されるということです。

これ以外にデメリットは思いつきません。

50,000円を先払いするデメリットで、約30%の15,000円分の商品が貰えるということなんです。

警察官にできるおすすめの節税対策はiDeCo!

警察官が正規に節税できる方法は、この2つ。

  • ふるさと納税
  • iDeCo

ふるさと納税の次は、iDeCoに挑戦し、少しでも納税額を安くしましょう!

iDeCoで節税する方法は、こちらの記事で説明しています。
>>iDeCoとは?警察官がやるべきじぶん年金【お得な節税】

まとめ

  •  ふるさと納税は、やらなきゃ損
     そして家族が喜ぶ
  •  ふるさと納税は、今年寄附しておくと返礼品が貰えて、来年税金が減額される仕組み
  •  実質2,000円の手数料だけで、返礼品がタダで貰える
  •  ワンストップ特例制度を使う(申請書を送る)と、確定申告は不要
    (ただし5自治体まで)
  •  限度額を知る

ここまで読んでくれたあなた!

もうふるさと納税は絶対お得だとわかりましたね。

 

ふるさと納税サイトは、

  • 楽天ふるさと納税
  • さとふる
  • ふるさとチョイス

など、いろいろなサイトがあります。

いろんなサイトの中でも、ポイント還元率No.1なのが、>>楽天ふるさと納税です。

 

どのwebサイトを見れば良いのか、返礼品のおすすめは、この記事をご覧ください。
>>【徹底比較】ふるさと納税 おすすめwebサイト・おすすめの返礼品

また、楽天ふるさと納税 + 楽天カード払いなら、SPUポイントが加算されて更にお得です!

\年会費は永年無料!/

>>楽天カード公式ページはこちら

※今なら、新規開設で 5,000ポイントもらえる!

 

まずは一品、返礼品を頂いちゃいましょう!!!

めんどくさい!と言って行動しないのか?
一度、行動してみるのか?

家族を喜ばせられるかどうかの分かれ道です!

行動してお得をゲットしてみよう!

もーやん
もーやん

コメント