【警察官からの転職完全ガイド】ストレス軽減と新たな可能性を探るステップまとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
警察官からの転職完全ガイド
たける巡査

警察官からの転職って、実際にどう動けば良いの?

警察官なら、みんな1度は転職を考えたことがあります。

高いストレス、長時間の拘束、家族との時間が取れないなど、多くのきっかけがあります。

でも実際に転職するには、わからないことだらけです。

たける巡査

何をどうすればいいのか?
どんな問題が起きるのか?

この記事では、警察官からの転職を考えている方に、転職のメリットとデメリット、成功のための具体的なステップや体験談などを、具体的にわかりやすく説明しています。

自己紹介させてください!
もーやん

刑事25年超・警察官35年超を経験!
たくさんの悩みを抱えてきました。

経験を活かして、警察官の悩みを解決する記事を書いています!

プロフィールはこちら

🐮この記事で変わること
  • 転職を意識することで心の安定を取り戻す
  • 転職への不安が軽減される
  • 具体的な行動を起こす助けになる
もーやん

転職活動を計画的に進めることで、成功への大きな一歩となります!

重要なのは、自分自身の価値を理解し、それをどう活かすか。

新しい可能性の扉を開くために、前向きな姿勢で臨みましょう!

1番初めの登録は求人数・実績No1大手が安心です。

登録・相談・紹介 すべて無料

※転職支援実績No1

目次

警察官からの転職:メリット・デメリット

警察官から転職するメリット

まずは警察官から転職すれば、どんなメリットやデメリットがあるのか?

これまで転職した人の話からまとめてみました。

メリットデメリット
プライベートを充実させられる
精神的ストレスが軽減する
身の危険を感じなくて済む
アットホームな職場を選べる
年収が下がる可能性がある
安定性を失い将来の不安が増える

プライベートを充実させられる

プライベートが充実

警察官から転職した人が、口をそろえて言うメリットは、プライベートの時間が増えることです。

警察官は、当直勤務などの不規則な勤務で、家族や友人と過ごす時間が限られがちです。でも多くの民間企業や一般の公務員では、規則正しい生活ができます。

趣味や家族との時間をより大切にできるようになります。

精神的ストレスから解放される

精神的ストレスから解放

警察の仕事は精神的に非常に大きなストレスを抱えています。

事件や事故の現場に直面することが多く、心理的な影響は避けられません。

転職した人から聞くのは、「開放感がハンパない!」という言葉。精神的ストレスから解放され、メンタルヘルスを守ることができます。

身の危険を感じなくて済む

身の危険を感じなくて済む

警察官の仕事は「個人の生命・身体の保護という責務」であるが故、時に命の危険に晒されることもあります。

転職によって、当然そのようなリスクから離れることができます。

安全な職場環境で働くことは、自身だけでなく家族にとっても大きな安心材料となります。

アットホームな職場を選べる

アットホームな職場

警察組織は、特有の階級制や、厳格な規則で上下関係が保たれており、そんな風土が苦手な方もいます。

小規模企業やスタートアップなど、社員一人ひとりが価値を感じやすく、自由で開放的な職場を選べば、家族的な関係の中で自分の力を発揮できます。

警察官から転職するデメリット

では次に、デメリットについて説明します。

年収が下がる可能性がある

年収が下がる可能性

公務員は、ある程度の高い給与を貰っていますが、転職によって年収が下がることも考えられます

もちろん新しいスキルや経験を積むことで、将来的には改善される可能性もあります。

でも職場に求める価値観は、人それぞれですので「年収が下がっても転職して良かった」と言う方はたくさんいます。

あなたにとって、年収以外に重視する部分は何なのか?じっくりと考えてみてください。

安定性を失い将来の不安が増える

安定性を失い将来の不安が増える

公務員は非常に安定していて、退職後の年金も保証されていますが、民間企業に転職すれば安定性を失うことがあります。

でも、適切な準備と計画をすれば、新しいキャリアでの成功を築くことが可能ですし、安定以外に手に入るモノもたくさんあります。

またある程度、安定した仕事を選ぶこともできます。

これもあなたの価値観しだいで、何を重視するかを明確にすることが大切です。

警察官から転職する理由8選~警察官あるある

警察官が転職を考える理由

警察官は、やりがいがあって魅力的な仕事です。その反面、私生活とのバランス、精神的・肉体的な負担など、多くの課題が存在します。

1.私生活とのバランス~拘束時間が長い

勤務の拘束時間が長い

内勤は超過勤務が多くなりがちです。また交替制勤務は、「待機」と言う名の拘束時間が長いのが特徴です。

このため、家族との時間が取れなかったり、プライベートが犠牲になることがしばしばあります。

最近は随分改善されましたが、僕もーやんは、子どもが寝てしまった後に、家に帰ることがよくありました。

もーやん

あの頃は、子供の成長を身近で感じることが難しいと感じていました。

こんな時、転職を考える人は多いんです。

2.精神的に辛い

精神的に辛い

警察官の仕事は精神的にも大きなプレッシャーが伴います。事件や事故の現場に直面する度に、強いストレスを感じることは避けられません

特に犯罪被害者の悲痛な声に直面すると、その影響は深刻です。

もーやん

特に重大な事件の後は数日間、心が晴れない日が続きました

こういったストレスが溜まると、転職を考えてしまうことがあります。

3.肉体的にハード

肉体的に仕事がハード

警察官は、肉体的にも非常にハードです。

長時間の現場処理、緊急対応、時には格闘を伴う逮捕など、暑さ寒さの中でも、体力を消耗する作業が常です。

もーやん

年齢と共に衰えを感じ、負担が大きくなるのを実感します。

体力錬成によってカバーできない人は、やはり辛いものです。

詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

4.理想と現実のギャップ~市民との関係性

理想と現実のギャップ

多くの警察官が抱く理想と、現実のギャップも、悩みの一つです。

市民との良好な関係を築きたいと思っても、時に誤解や批判が生じることがあります

もーやん

誤解を解消することに苦労した経験があります。

それが上手くいかなければ、疲弊してしまうこともあり、こんなときも転職を考える原因になります。

5.上下関係が厳しい~ハラスメント

上下関係が厳しい

警察組織特有の厳しい上下関係やハラスメントも、転職を考える一因です。

もーやん

僕もーやんが新人の頃は、上司からの厳しい指導が日常茶飯事

厳しい指導は、精神的にも肉体的にも大きなストレスになります。

ここ数年、上下関係やハラスメントに対する意識は随分変わってきましたが、変化に対応できない人が残っているのは確かです。

階級社会を泳ぐのが苦手な方は、警察組織に不向きなのかも知れません。

6.常に身の危険がつきまとう

警察官は身の危険がつきまとう

警察官は常に身の危険を伴う仕事です。

身体的な危険もありますが、逆恨みされた上に顔と名前を覚えられることの危険は、最近よく感じます。

もーやん

感謝されることもあれば、反感をかうこともあるんです。

こんな危険を感じれば、もちろん転職が頭をよぎることがあって当然だと思います。

7.仕事の割に給料が安い

仕事の割に給料が少ない

警察官の給料は、その責任やリスクに見合っていないと感じることが多いです。

特に若いうちは、仕事量に対して給料が低いので、転職を考える警察官も少なくありません。

楽な部署にいる中年職員が、なぜ自分より高い給料を貰っているのか、納得できませんでした。

もーやん

なぜあの人より給料が安いの?

年功序列の給料制度ではなく、仕事量に見合った制度に改革しなければ、若い人は離れていく時代です。

8.年功序列が崩壊し年収が増えないことが予想される

年収が増える見込みがない

年功序列による給与制度は、今後なくなる流れは止められません。

初任給が上がり、年配者の給料は下がります。つまり40代以降でも給料が上がりません

将来的に年収が増えなくなり、これが転職を考える理由の一つになる時代になります。

もーやん

そんな時代は目の前!

詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

警察官からの転職活動:5つの現実

警察官から転職する人の現実

警察官からの転職は、多くの困難やハードルを伴います。

このセクションでは、警察官が直面する転職の現実を見てみましょう。

a)警察官から転職するのは厳しいのか?

転職事情は厳しいのか

警察官からの転職は厳しい面もありますが、不可能ではありません。

警察官特有のスキルや経験は多くの業界で評価されますが、そもそも異業種への適応には時間と努力が必要です。

例えば、危機管理の知識を活かして市役所に転職した同僚は、公務員同士とは言え市役所にも文化があって、馴染むまでに数か月かかったと言います。

でも精神的ストレスや、家族との時間ができたことで、充実した毎日を過ごしていると喜んでいました。

詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

b)25歳以下の警察官の離職率は低いのか?

離職率は低いのか

25歳以下の警察官の離職率は約13.9%程度(もーやん調べ)で、民間に比べて低いですが、最近は若手の間での転職意欲が高まっています。

警察学校で辞める人が圧倒的に多い感覚があり、第一線配属後に離職する人は少ないです。

その後年齢を重ねるごとに、離職する人が減っているのが現状です。

転職は、若い方が好条件なことが多く、転職するならなるべく早い方が良いかも知れません。

詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

c)警察官の転職活動は服務規程違反に当たるのか?

服務規程違反に当たるのか?

警察官が無断で転職活動を行えば、都道府県によって服務規程違反になることがあります。

警視庁服務規程神奈川県服務規程によると、採用試験を受ける場合は所属長に届け出ることとなっています。

無届で採用試験を受けると処分の対象にはなりますが、大した処分にはなりません。

もーやん

友人に辞める前に、痛くも痒くもない「口頭注意」処分を受けた人がいました。

また、試験を受ける前の段階であれば、届け出の必要はありません

自分の人生をより良いものにするための行動ですから、過度な心配は不要です。

d)警察官からの転職にベストなタイミング・年齢とは?

ベストな時期とは?

転職の最適なタイミングは「早いほど良い」のが結論です。

一般的に年齢を重ねるごとに、転職先の求人が少なくなります

転職市場での競争力があるのは、30代前半と言われていて、新しい職種でのキャリアを築く時間も十分にあります。

とは言え、40代で転職して有意義な生活を送っている同僚もいますので、一概には言えません。

「思い立ったが吉日」です。

e)警察官から転職を考えている方へのメッセージ

あなたへのメッセージ

転職は新たな可能性への扉を開く一歩です。

不安が多いかもしれませんが、自分のスキルや経験を生かせる場を見つけ、準備を怠らなければ、成功への道は開けます。

僕もーやんも、転職を意識することで、心のゆとりを持てました。

また多くの同僚が転職後に新しい生活に満足しており、あなたにも同じ成功が待っています。

警察官からの転職先に多いおすすめの職種8選

警察官におすすめの転職先

警察官は独特のスキルが身に付いていて、それを活かせる業界はたくさんあります。

例えば①市役所職員警備員探偵営業職ドライバー事務職は、これまでの警察官としての経験を活かせる分野です。

でも実は、⑦飲食業IT・WEB・ゲーム業界などの警察官と関連性のない職種を臨む人が多いのも事実です。

自分にあった職種を見つけられるかどうかが、転職の成功を左右します。

市役所職員

市役所職員

警察官の経験は市役所などの公共機関で非常に有効です。

公務員としての基礎を持っているため、市役所の職員に転職すると、公的な手続きや法規の知識が生かせます。

実際に、僕もーやんの同僚でも、市役所の危機管理部門で新たなキャリアを築いています。

警備員

警備員

警察官から警備員への転職は自然な流れです。

警察官としての訓練と経験は、警備業務に直接役立ちます

僕もーやんの友人も、たくさんの方がこの道を選び、その後、会社経営している先輩もいます。

民間への最初のステップとしても、溶け込みやすいですね。

警備業が希望ならが警備業界特化の転職エージェントです。

探偵

探偵

探偵業も警察官のスキルが活かせる分野です。

特に刑事、警備、生安の経験者は、捜査技術や人の観察力、情報収集能力を生かせるので、依頼を解決に導くことができます。

複数の元警察官が探偵として再スタートを切って成功し、探偵事務所を立ち上げて大成功している知人もいます。

営業職・不動産業界

不動産営業職

人とのコミュニケーションが得意な警察官は、営業職に向いています。

特に不動産業界では、交渉スキルや法令の知識が生かせます。

不動産業界の営業は、実力主義の色が濃い世界で、実際に警察官の年収を上回る人も少なくありません。

そう考えると、夢のある転職先です。

営業職を狙うならエイプエージェントが営業職特化の転職エージェントです。

ドライバー

ドライバー

運転技術が高い警察官は、バス、タクシー、トラック、介護などのドライバーがおすすめです。

実は僕もーやんは、運転が苦手で長時間の運転は辛いです。

でも同僚の中には、何時間運転してもあまり苦にならないと言う人もいます。

こんな運転が苦にならないという特技をお持ちの方は、その強みをぜひ活かしてください。

事務・経理

事務職

警察官は、案外、事務仕事をこなしています。

組織での文書管理や細かな業務運営に携わってきた警察官は、事務の仕事に適しています。

経理に関しては、簿記などの知識が必要ですが、医療事務など1から学ぶことができる業界などへ転職する方は多いです。

ルーチンワークと正確性が求められる職種では、警察官として培った処理能力が直接活かせます

事務職を狙うならがバックオフィス特化の転職エージェントです。

飲食業

飲食業

意外かもしれませんが、警察官のストレス耐性やチームで働く能力は、飲食業界で役立ちます。

飲食店の運営には、厳しい状況の中で冷静に対応する能力が求められるため、この背景を持つ人材は重宝されます。

警察官から飲食業への転職は、あまりイメージが湧かないと思いますが、その先に自分の店を持つ夢がある仕事だと思います。

飲食業を狙うなら「」が飲食業特化の転職エージェントです。

IT・WEB・ゲーム業界

IT・WEB・ゲーム業界

ITやウェブ、ゲーム業界は学び直しが必要ですが、警察官の分析力や問題解決能力はここでも発揮されます。

実際に、デジタルスキルを身につけた同僚が、ゲーム開発会社に転職して新たなキャリアを築いている例もあります。

またそれまで未経験だったのに、学び直しをして大成している方もいます。

好きなことを仕事し、ストレスなく楽しみながら稼げるのは、とっても素敵です。

未経験からIT・Web業界を狙うならがIT・Web特化の転職エージェントです。

警察官からの転職を成功させる5つのポイント

転職を成功させるポイント

警察官から他の職種に転職する際、いくつかの重要なポイントがあります。

これらを理解し、適切に対応することで、転職は成功へと導かれます。

1)若いうちに転職するのが有利

若いうちに行動

若い時期は、新しい技術や方法を素早く身につける能力が高いので、転職市場では有利です

例えば20代の初めに民間に転職した元同僚は、数年後には管理職に昇進しました。

逆に、歳を重ねる度に転職の条件が厳しくなります。

ただし歳を重ねているからと言って諦める必要はありません。

もーやん

40代で人生を変えた人はたくさんいます

転職を思い立った今が一番若い時でありチャンスだと言えます。

2)自分のキャリア・強みを活かす~警察官としての経験

自分の強みを活かす

自分のキャリアや強みに合った転職先を選ぶことは、転職成功の鍵です。

警察官としての経験を活かせる職場を見つけることが重要です。

例えば、僕もーやんの同僚は、交通部門での経験を活かして大手物流企業の安全管理職に就きました。

でも自分の強みに気づいていない人もたくさんいます。

転職エージェントにあなたの強みを見いだしてもらうのも、ひとつの方法です。

3)退職理由を考えておく

退職理由を考える

転職する際には、退職理由を明確にしておく必要があります。

面接で必ず聞かれる質問であり、その答えが転職成功に直結することが多いからです。

例えば「キャリアアップのため」とか「やりたいことがある」といった前向きな理由を伝えることが重要です。

「警察官に批判的」な理由だと、また同じ理由ですぐに辞めてしまうと思われてしまいます。

4)志望動機を考えておく

志望動機を考える

志望動機は転職活動において非常に重要です。

自分がその職場を選んだ理由と、どのように貢献できるかを明確に示すことが求められます。

例えば、以前の職場で培った危機管理のスキルを活かして、より大きな規模で社会に貢献したいといった志望動機は評価されやすいです。

転職先に合わせた志望動機を考える必要がありますが、転職エージェントのサポートを受けて一緒に考えるのが近道です。

5)求められていることを理解しておく

求められるスキルを考える

転職市場で求められているスキルや資質を知り、それに応じた準備をすることが大切です。

求められる資格や経験をリストアップして、必要な場合はそれらを習得する努力をします。

例えばこんな感じです!

転職するなら転職エージェントを利用するべき理由

転職エージェントを利用するべき理由

警察官から異業種への転職は、大きな挑戦です。

転職をスムーズに進めるには、転職エージェントのサポートがとても役立ちます。

なぜ転職エージェントを利用しなきゃ損なのか?転職サイトとの違いを解説します。

1対1でプロのアドバイスを受けられる

プロのアドバイスを受けられる

転職エージェントは、転職希望者と一対一のサポートを提供するサービスです。

一方、転職サイトは、自分で求人を検索し応募するプラットフォームです。

転職エージェントならプロのキャリアアドバイザーが担当として付くので、個別の支援が期待できます

個別の支援とは
  • 狙う業種などの相談
  • 慣れない履歴書の添削
  • 面接の準備・指導など

キャリアアドバイザーのアドバイスにより履歴書や面接内容が大幅に改善されます。

非公開求人情報にアクセスできる

非公開情報

転職エージェントを利用する最大のメリットは、その専門的な知識と業界の広いネットワークです。

エージェントは市場のトレンドを把握しており、転職サイトには公開されていない非公開の求人情報にアクセスできることが多いです。

完全無料で利用できる

完全無料!

転職エージェントは、なぜ無料で利用できるのか?不思議ですよね。

転職エージェント会社は、転職希望者が新しい職場に転職できた場合にだけ、企業から報酬を受け取る「成功報酬型」の契約を結んでいます。

この報酬は年収の数%という契約の場合が多く、例えば20%〜30%で年収500万円なら100~150万円の報酬です。

もーやん

結構、貰ってるんです!

だから転職エージェントは、転職希望者を少しでも高い年収の転職先を考えますし、無料でサポートできる訳です。

企業は、それだけのお金を払ってでも転職希望者を受け入れたいという、実績が伸びている企業が登録しているということです。

詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

転職エージェントの選び方

エージェントの選び方

良い転職エージェントを選ぶには、そのサービスの質や、転職希望者のことを第一に考えてくれるかが重要です。

転職エージェントは、成約(転職)しなければ1円の利益も出ないので、どこでもいいから成約させようとする悪質なエージェントもあります。

まずは大手エージェントを手始めに、複数のエージェントに登録して比べてみれば、自然とどの転職エージェントが自分のために動いてくれるのか?を肌で感じることができます。

詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

転職エージェントの登録から内定までの具体的なステップ

STEP
まず登録!

転職エージェントへの登録が、全ての始まりです!

1番初めの登録は、求人数・実績No1大手が安心です。

STEP
キャリアカウンセリングを受ける

適切な求人の絞り込み、企業の紹介を受けます。

STEP
履歴書や職務経歴書の作成

もちろん作成支援によって、アピールできる書類を作成します。

STEP
面接の準備

面接のポイントなどのアドバイスを受けます。

STEP
面接・内定

この一連の流れを通じて、エージェントは個々のニーズに合わせたサポートを提供し、転職活動を大きく前進させてくれます。

よくある質問:FAQ

よくある質問

警察官からの転職に関するよくある質問に対して、具体的な解説をリストアップしました。

転職活動で最も重要なことは何ですか?

転職活動で最も重要なのは、自分自身のキャリア目標と市場のニーズを正確に理解することです。自分が進みたい方向がはっきりすればするほど、成功に近づきます。

転職を後悔することはありますか?

転職を後悔することはありますが、多くの場合、準備不足やリサーチ不足に起因します。適切な準備と正確な情報に基づいて決めましょう。

転職後、元の警察組織との関係はどうなりますか?

転職をどのように進めるかによって左右されます。適切なプロセスを経て、正直かつ尊重のある方法で組織を離れることが、将来的な関係を良好に保つ鍵です。

転職はキャリアにとってマイナスになりますか?

転職がキャリアにマイナスとなることはありません。実際には、新たなスキルや経験を積む絶好の機会となります。

転職先での給与はどのように変わりますか?

一般的には、給与が上がる可能性が多いですが、公務員からの転職は初期の給与が下がることもあります。長期的には成果に基づく報酬で収入が増えることも多いです。

さあ!まずは転職エージェントに登録し、スタート地点に立ちましょう!

1番初めの登録は求人数・実績No1大手が安心です。

今の仕事を続けながらサポートを受けられます。

登録・相談・紹介 すべて無料

※転職支援実績No1

転職エージェントにも、それぞれ特徴があります。複数に登録してみて、比較してみましょう!

【 特徴別 】転職エージェント

総合型の転職エージェントなら

特化型の転職エージェントなら

迷ったらまずは
 求人数・実績No1

転職後の新生活とは?:希望と満足を手に入れるために

転職後の新生活

警察官から転職した後、仕事も私生活も充実した新生活を送る可能性が広がります。

精神的な開放感

精神的な開放感

転職後、仕事に対するストレスレベルは、劇的に変化します。

警察官を退職した人が、口を揃えて言うのは「開放感」です。

勤務時間が定期的になり、心のゆとりができることで生活が劇的に向上するでしょう。

プライベートの充実

プライベートの充実

仕事の拘束時間が減り、プライベート時間が量的に増えることで、質的な向上もみられます

新しい職場では、ワークライフバランスを重視し、余暇を有意義に過ごすことで充実した生活が期待できます。

趣味や家族との時間を大切にし、幸せを実感しましょう。

新しい自分の発見

新しい自分の発見

転職は、新しい自分を発見・発掘する機会になります。

異業種への移行は、未知の分野への挑戦であり、考えもしなかった自分がいるかも知れません。

IT業界への転職を選んだ元警察官が、新たに活躍する道を歩み始めたり、全く新しい視点から社会へ貢献できるようになります。

転職後の挑戦と成長

転職後の挑戦と成長

転職は多くの挑戦を伴いますが、同時に個人の成長に直結する機会となります。

新しい環境で求められる能力を身につけることで、より成長することができます。

これを積み重ねることによって、収入はもっと上がることになるでしょう。

もーやん

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ご感想、ご質問をLINE公式アカウントへ書き込んでください!
泣いて喜びます!

もーやん
こんにちは!
この記事を書いた「もーやん」です。
刑事25年以上を経験した警察官です。
警察官の悩みを解決する記事を発信します!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次