【警察官の平均寿命は62歳?】驚きの研究結果と改善策!生活習慣が寿命を縮める

当ページのリンクには広告が含まれています。
平均寿命
ももこ刑事

警察官の平均寿命は62歳って本当?
警察官の寿命は短いの?

「警察官の平均寿命は62歳」説は、根拠がない都市伝説です。

でも寿命が短いのは、どうやら本当のようです。

夜勤、長時間労働、過労、ストレス、睡眠不足、精神的なトラウマ……、これらが僕たち警察官の日常ですが、健康や平均寿命にどう影響しているのか、気になる方も多いはず。

この日常が平均寿命を短くしています。では、どうすれば改善できるのでしょうか?

自己紹介させてください!
もーやん

刑事を25年以上経験した警察官です!

今までの経験を活かして、若い警察官の悩みを解決する記事を書いています!
>>プロフィール はこちら

この記事を読めば、自身の健康に対する認識を新たにし、実生活に役立つ具体的な改善策を学べます。

知っているのと知らないでは、大きな差が生まれます!

😊この記事でわかること
  • 警察官の平均寿命に関するデータはあるのか
  • 平均寿命に影響を与える原因
  • 長く健康的な生活を送るための改善方法

職務に伴うストレスや不規則な生活は否めませんが、適切な知識と実践によって平均寿命を伸ばすことは可能です。

とにかく『寿命を延ばす方法』を見たい方はこちら

この記事が、健康的な生活への第一歩となることを願っています。

目次

「警察官の平均寿命は62歳」説はあり得ない

ネット上には「警察官の平均寿命は62歳」「24時間勤務の交番の警察官の平均寿命は62歳」という記載を見かけます。

でもこの具体的な62歳という数字には根拠がありません

おそらく「警察官の平均寿命が短い」ということを、数値的に表現したかったのでしょう。

「警察官の平均寿命が62歳」なハズがない

僕もーやんの肌感覚として、この令和の時代において、警察官の平均寿命が62歳ということはあり得ません。

もちろん調査データがない以上、明確に否定することはできません。

でも、ほとんどの先輩方は70歳過ぎでの生前叙勲表彰を受けておられ、80、90…と生存されています。

平均寿命62歳とは計算上どういう数字なのか

62歳平均の場合のイメージグラフ

仮に計算上、定年退職した人が全員75歳で亡くなるとすると、平均寿命が62歳になるには、現職警察官の37%が平均40歳で亡くなる必要があります

グラフの様な感じになる訳です。

60歳以下で、これだけの方が亡くなる想定なんて、あり得ない仮定です。

警察官の平均寿命を調査した公式データは無い

笑顔で無し

警察官のデータについて調査しましたが、平均寿命に関して公式に発表された記録は見あたりません

もちろん県警ごとに独自に調査しているかも知れませんが、これまで発表したデータや、医師などの研究者が発表した論文などは見あたりません。

ですから、様々な論文や調査データを組み合わせて考える必要があります。

警察官の平均寿命を検討してみた

寿命を検討

数値データがないので、警察官の寿命がどうなのか、いろんな角度から検討してみました。

【結論】警察官の平均寿命はやっぱり短い!

実際の警察官に対する調査結果から、平均寿命の数値は示せないものの

  • 一般人よりも生活習慣病の割合が高い
  • 勤務の特殊性から、多量飲酒の割合が高く、睡眠の質が低い

という2点から、一般人より不健康であり、平均寿命は短いことがわかりました。

研究結果に基づく結論の根拠とは

研究結果

警察官の平均寿命は一般人より短いと推測した根拠はこちらです。

和歌山県立医科大学医学部衛生学教室 塩崎万起 氏らの研究によると、ある県警の男性警察官で1996–2011年に新規に虚血性心疾患を発症した58名及び男性警察官1,539名と一般職員153名を対象に分析研究をおこなった結果、

警察官は加齢による各種危険因子の保有率(肥満・高血圧)およびメタボリックシンドローム該当者の割合が一般職員よりも顕著である。

引用:警察官における虚血性心疾患の危険因子とその背景要因に関する検討

との研究結果が報告されています。

つまり警察官は、一般職員よりも生活習慣病のリスクが高く、これに比例して平均寿命が短いと推測できます。

健康を害する仕事の特殊性:研究結果から抜粋

同じく塩崎万起氏らは、健康を害する仕事上の特殊性つまり背景要因について言及されています。

背景要因として、交替制勤務や長時間労働などの勤務形態と、多量飲酒や熟睡感がない状態などの生活様式の影響が示唆された。

引用:警察官における虚血性心疾患の危険因子とその背景要因に関する検討

つまり警察官の勤務特有の生活習慣から、多量飲酒や睡眠の質が低いことから、様々な生活習慣病を発症するリスクが高いということです。

平均寿命に影響する3つの原因

3つの原因

警察官という特殊な勤務から、寿命に影響すると考えられる原因を3つ挙げました。

仕事上のストレス

ストレス

警察官は、時には市民の期待を背負い、時には危険な状況に晒(さら)されるなど、仕事上のストレスは多いはずです。

ストレスは心臓病や高血圧などの疾患のリスクを高め、結果的に寿命を縮める可能性があります。

またストレスが原因の睡眠障害を起こしている方は少なくありません。

不規則な勤務時間

不規則な睡眠時間

夜勤や長時間労働などの不規則な勤務スケジュールは、睡眠パターンを乱し、長期的な健康問題を抱える警察官が多いのも事実です。

体内時計を乱し、睡眠障害や慢性疲労を引き起こすのでしょう。

良質な睡眠は健康維持に不可欠であり、睡眠不足は寿命に影響します。

運動不足と食生活の乱れ

食生活の乱れ

忙しく不規則な勤務の中で、定期的な運動を続けたり、バランスの取れた食事をとることが難しくなります。

運動不足と不健康な食生活は、肥満、糖尿病、心臓病などのリスクを高め、これらはすべて寿命を縮める要因になります。

生活習慣の改善で寿命を延ばす方法

寿命を延ばす方法

3つの生活習慣を改善することで、健康を取り戻し寿命を延ばしましょう。

ストレスを軽減するための睡眠

ストレス自体は避けられませんが、十分な睡眠時間質の高い睡眠によって、ストレスを軽減することができます。

警察官は、意外と睡眠の質を考えていません!

もーやん

良質な睡眠は、健康への第一歩です!

睡眠の質を改善したい方は、睡眠導入剤をためしてみてください!

今の時代、スマホで医師の診療が受けられます。

スマホで受診でお薬は届けてくれる≫DMMオンラインクリニックはこちら

\土日祝も診察可能で診療料0円!/

※ 7日分お試しプランがある!

睡眠サプリメントを試してみる方法もあります。

7日分だけ試せるストレキール公式サイトはこちら

\500円モニター募集中!/

※ まずは7日分のお試しができる!

健康的な食事のためのヒント

食事

バランスの取れた食事は、健康維持の基本です。

  • 食事の準備に時間を取り、外食に頼ることを減らします。
  • 食事に色々な野菜を取り入れ、食物繊維を多く摂取します。
  • 加工食品や砂糖の多い食品は控えめにし、自然な食材を選びます。

効果的な運動プランの立て方

運動

定期的な運動は、健康維持のために欠かせません。運動で心臓病や糖尿病のリスクを減らしましょう。

  • 運動習慣を意識し、日々のスケジュールに組み込みます。
  • 歩く、ジョギング、サイクリングなど、楽しめる運動を選びます。
  • 仕事の合間に短いストレッチや軽い運動を取り入れ、身体を動かす習慣を作ります。

「寿命に影響する原因」を完全に避ける方法

「運動不足」「食生活の乱れ」は、自分次第で改善する方法がたくさんあります。

「仕事上のストレス」は、軽減することは可能ですが、完全に避けるのは難しいですよね。

「不規則な勤務時間」は、警察官をやる以上、避けようがありません。

もーやん

つまり残念ながら「寿命に影響する原因」を完全に避ける方法はありません

本当に健康に長生きしたいのであれば、転職するしかないでしょう。

どんな転職先があるのかをイメージするだけでも、気持ちが楽になります。

転職事情を調べるなら、転職サイトよりも転職エージェントを利用するべきです。

まずは転職エージェントに登録してみて、どんな転職先があるのかを知り、転職後の自分をイメージしてから決めませんか?

転職エージェント求人数・実績No1大手なら です。

まずは登録だけでもしましょ!

登録・相談・紹介 すべて無料

※転職支援実績No1

転職エージェントにも、それぞれ特徴があります。複数に登録してみて、比較してみましょう!

【 特徴別 】転職エージェント

総合型の転職エージェントなら

特化型の転職エージェントなら

迷ったらまずは
 求人数・実績No1

なぜ転職エージェントが良いのかを知りたい方は、こちらの記事へ!

ケーススタディ:改善事例の紹介

改善事例

では、警察官がメタボ該当者から生還した事例について見てみましょう!

運動習慣で成功した警察官のストーリー

運動の改善

Aさんは、警察学校卒業後、41歳まで全く運動をしない毎日を過ごし、メタボ該当者になりました。

41歳のある日「週に3回、20分のウォーキングをする」と決断しました!

そして徐々に次のように運動量を増やしていきました。

運動量を増やしていったステップ

STEP

週3回、20分ウォーキング

STEP

週3回、30分ウォーキング

STEP

週3回、25分ウォーキング+5分ジョギング

STEP

週3回、60分のウォーキング

STEP

週3回、25分ウォーキング+5分ジョギング×2本

STEP

週3回、20分ウォーキング+10分ジョギング×2本

STEP

週3回、15分ウォーキング+15分ジョギング×2本

STEP

週3回、10分ウォーキング+20分ジョギング×2本

STEP

週3回、5分ウォーキング+25分ジョギング×2本

STEP

週3回、60分ジョギング

STEP

週2回、60分ジョギング+週1回、90分ジョギング
……

もちろん1つのステップを越えるために相当な日数をかけて、徐々にステップアップしました。

Aさんは今、50代になり、フルマラソンを完走するほどの運動習慣ができ、もちろんメタボ非該当者です。

生活習慣の改善が平均寿命に影響する

Aさんが一番辛かったのは『20分のウォーキングをすると決めた最初の第一歩が一番キツかった』と言います。

もーやん

0→1さえ頑張れば、後は意外とできるものです!

まずは初めの第一歩が大切!

生活習慣の小さな改善が、健康に大きな影響を与えます

身体の健康だけではなく、ストレスが減り、心身の健康が向上し、仕事の効率も良くなりますよ。

もーやん

実はAさんは、僕もーやんのことです!

睡眠の改善で成功した警察官のストーリー

Bさんは、若い頃から三交替制の交番勤務。長年の不規則な勤務とストレス、そして加齢が重なり「夜、疲れていても眠れない状態」が続いていました。

特に当務日の前日に「寝なければ…」と思うほど眠れないことが多く、勤務に支障をきたしていました。

思い悩んだBさんは、48歳の時、知人の紹介で心療内科を受診し、軽めの睡眠導入剤の処方を受けました。

これで当務前日の睡眠の質が衝撃的に改善し、50半ばの今でも元気に勤務しています。

もーやん

Bさんは『悩んでいる人は一度受診して相談を!』と口癖のように言ってます。

これも一歩、踏み出すかどうか?行動するかどうか?で結果が全く違ってきます。

睡眠の質を改善したい方は、睡眠導入剤をためしてみてください!

今の時代、スマホで医師の診療が受けられます。

スマホで受診でお薬は届けてくれる≫DMMオンラインクリニックはこちら

\土日祝も診察可能で診療料0円!/

※ 7日分お試しプランがある!

睡眠サプリメントを試してみる方法もあります。

7日分だけ試せるストレキール公式サイトはこちら

\500円モニター募集中!/

※ まずは7日分のお試しができる!

通常30日分しか買えないサプリが、7日分だけお試しできるサプリもあるので、ちょっと効果を試したい方は嬉しいですね。

よくある質問:FAQ

よくある質問

よくある質問についてまとめました!

最も影響力のある生活習慣改善法は何だと思いますか?

やはり睡眠を確保することです。睡眠は心にも身体にも直接的に影響し、長期的な健康維持に不可欠です。

健康的な食事を維持するためのコツは?

外食を控え、家での食事を心がけることは意外と有効です。もちろん、野菜と果物を多く摂取し、加工食品や砂糖の摂取を減らすなど、当然の対策も大切です。

運動を習慣化するにはどうすれば良いか?

僕もーやんのように、まずは何をするのか決めて、行動してみることです。自分が楽しめる運動を見つけ、それを日常生活に組み込むことが大切です。

大きな目標は不要です。小さな目標を設定し、徐々に運動量を増やしていくことが成功の鍵です。

もーやん

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ご感想、ご質問をコメント欄に書き込んでください!
泣いて喜びます!

もーやん
こんにちは!
この記事を書いた「もーやん」です。
刑事25年以上を経験した警察官です。
若い警察官の悩みを解決する記事や、魅力・やりがいを発信します!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次