警察官に向いている人・いない人【特徴4選】と「強み」を生かす再スタートの秘訣

当ページのリンクには広告が含まれています。
向いてない
若手巡査

僕は警察官に向いていないのかなぁ?

そんな疑問を持ち始めた瞬間、心の中で静かな戦いが始まります。

こう悩むことは、決して恥ずかしいことではありません。むしろ自分自身を知るための気付きです。

  • ストレスに弱い
  • 正義感が薄い
  • プライベートを大切にしたい
  • 協調性がない

そう感じるなら、それはあなたが警察官に向いていないかも知れないというサインかもしれません。

自己紹介させてください!
もーやん

刑事を25年以上経験した警察官です!

今までの経験を活かして、若い警察官の悩みを解決する記事を書いています!
>>プロフィール はこちら

この記事では、警察官としてのキャリアを見つめ直し、新たな道を模索するための指針を提供します。

この記事を読めば、自分自身の感じている不安や疑問を理解し、自己分析の重要性を知ることができます。

警察官としてのキャリアは一つの選択肢に過ぎません。自分に合った仕事を見つけることは、幸せな人生を送るための重要なステップです。

もーやん

自分自身を知り「やっぱり警察官が良い」と感じることができたなら、また警察官として頑張ることができます。

あなた自身の強みを知ること

それがあなたの悩みを解決する唯一の方法です。

転職エージェントは、あなたの「強みを生かした職業を探す専門家」です。

求人数・実績No1大手の に相談してみましょう!

登録・相談・紹介 すべて無料

※転職支援実績No1

なぜ転職エージェントが良いのか?は、こちらの記事へ!

目次

警察官に向いている人・向いていない人の特徴4選

向いていない人

警察官に向いているかどうかを左右する特徴は4つです。

  • ストレスに強いか
  • 正義感や責任感が強いか
  • プライベートを大切にしたいか
  • 協調性、チームワークがあるか

ストレスに弱い人は向いていない

ストレス

警察官は、予測不可能な状況や緊急事態が日常茶飯事です。

緊急通報で現場急行する状況で、冷静さを保ちながら迅速に判断・行動する必要があるためストレスがかかります。

ストレスに弱くても、耐性を持つことが可能なのですが、限界があります。

ストレス管理がうまくできないと、精神的な健康に悪影響を及ぼすので、ストレスに弱い人は別の道を模索した方が良いかも知れません。

反対にストレスを効果的に管理できる人は、警察官に向いています。

正義感や責任感が薄い人は充実感が味わえない

正義感

警察官の根底にあるのは、正義感と責任感です 。「悪い人を捕まえたい」「困っている人の役に立ちたい」という意志を持って警察官を志したはずです。

もしこんな感覚が薄いなら「警察官の仕事はきつい」と感じるばかりで、仕事への満足感、充実感を得にくいので不向きかも知れません。

≫きつい警察官の仕事を乗り越える秘訣はこちらの記事へ

プライベートを大切にしたい人はストレスが溜まる

プライベート

警察官の仕事は、不規則な長時間勤務や、予測不能な休日出勤を伴うため、プライベートの時間が限られがちです。

僕もーやんも、突然の出動で予定が変わることは珍しくありませんでした。

最近はワークライフバランスの充実が叫ばれて、改善されつつありますが、大規模事件や災害など突然の出勤は避けられないのが実情です。

このような生活に大きなストレスを感じる人や、プライベートな時間を重視したい人は、警察官としての職務に不満を感じやすいかも知れません。

協調性、チームワークは最も重要

協調性

警察官の仕事はチームワークが非常に重要です。現場での協力や情報共有は、効率的かつ効果的な業務遂行に不可欠です。

僕もーやんも、同僚や他部署との連携を通じて、数多くの事件を解決してきました。

協調性がなく、チームとして働くことに苦手意識がある人は、職場での居心地の悪さを感じることになります。

コミュニケーション能力が高く、チームワークを重視できる人は、仲間と協力して目標を達成し、警察官としての職務を効果的に果たすことができます。

警察官が向いていないと感じる人の改善法

「警察官に向いていない」と感じたら、まずは改善できるかどうかを試してみてください。

  • ストレス管理で緩和
  • コミュニケーション力を磨く
  • 強みを生かした職業を探す専門家に聞いてみる

ストレス管理を意識しよう!

ストレス管理

ストレスを管理できれば、「向いていない」を改善できます。

運動する、十分な休息を取る、趣味を持つなど、自分に合った方法でストレスを解消しましょう。

ストレスマネジメント技術を身につけられれば、職務の圧力を乗り越え、精神的な健康を回復できます。

  • 運動でストレス発散
  • 睡眠でリフレッシュ
  • プライベートの充実

≫「きつい」を乗り越えた対処法3選 はこちら

「コミュ力」は磨ける!

コミュ力を磨く

「コミュニケーションが苦手」と悩んでいませんか?

警察官は、市民・被害者・参考人・容疑者などとコミュニケーションをとる場面がたくさんあります。

なのでコミュニケーションが苦手だと「向いていない」と思ってしまいます。

もーやん

でもコミュ力は、きちんと学べば磨くことができるんです。

若手巡査

そう言えば、コミュニケーションって、すべて自己流でやってた!

コミュニケーションをトレーニングすれば……
  • 自信がつき、挑戦できるようになる
  • 部内や部外で信頼され、必要とされる存在になる
  • 自分の市場価値が上がり、キャリアの選択肢が広がる

、人間心理と教育工学に基づいた実践形式のビジネススキルスクールです。

まずは1分で無料診断&アドバイスの予約をしましょう!

満足度95%

※昇任試験面接対策にも効果的

「強み」を生かした職業を探す「専門家」に聞いてみる

専門家に相談

転職エージェントは、あなたの強みを生かした職業を探す専門家です。

専門家である転職エージェントとの相談を通じて、自分の強みや将来設計などを明確にし、警察官として頑張るのが最適かどうかを再評価することができます。

だから自分が警察官に向いているかどうか不安な場合は、無料で転職相談してみるのが効果的なんです。

もーやん

あなたの強みを引き出してくれて、警察官を続ける方が良いのか、冷静な立場で判断できます!

警察官以外の仕事に興味が湧くのであれば、本当に転職するのもありです。

人生は一度だけ!「向いていない」と考えながら過ごすのは、時間がモッタイナイですよ!

警察官が「向いていない」と思うなら転職を考えてみる

転職

自分自身が「警察官に向いていない」と思うのであれば、「転職」を考えてみましょう。

輝くことができる場所が、きっとあるはずです。

転職を考え始めるきっかけ

転職を考え始めるきっかけは人それぞれです。

僕もーやんは「自分の評価が正しくされていない」と感じたことが始まりでした。

自身の健康と家族との時間を考えて

警察官生活で蓄積したストレスや身体的な負担が、健康に悪影響を及ぼすことは分かりました。

家族と過ごす時間が減り、家庭内でのコミュニケーションも希薄になっていく中、仕事よりも家族との時間を優先する決断をする人も多いんです。

特に子育て時期は、過ぎてみれば短い期間です。子どもたちと共有する大切な時間を無駄にしないために、決断が必要かも知れません。

警察官から転職を成功させるステップ

ステップ

転職を成功させるためには、自分のスキルや経験を活かせる職種を探すことが重要です。

転職エージェントのサポートは、無料で受けられるので、使わない理由はありません。

若手巡査

全て無料?
なぜ無料なの?

もーやん

『転職エージェント』は、紹介した転職先の会社から報酬をもらう仕組みです。
転職する労働者は無料でサポートを受けられます!

STEP

「転職エージェント」への登録

まずは転職エージェント会社へ登録しないと始まりません。

転職エージェントで、次のステップ2から5までのサポートを、無料で受けることができます。

STEP

自己分析を始める

  • 現在のキャリアの分析
  • 自分の強み・価値・やりたいことを分析
  • 長期的なキャリアプランの検討
STEP

業界研究と職種選定

  • 警察官からの転職先としての人気業界
  • 職種の特性と合致するスキルの理解
  • 業界の将来性と安定性
STEP

履歴書と職務経歴書の準備

  • 効果的な自己PRの方法
  • 職務経歴書の書き方
  • 履歴書のフォーマットとポイント
STEP

面接対策

  • 転職面接の一般的な質問と回答
  • 身だしなみとコミュニケーション
  • 面接での自己PRのコツ

転職事情を調べるなら、転職サイトよりも転職エージェントが良い!

どんな転職先があるのかを知り、転職後の自分をイメージしてみましょう。

転職エージェント求人数・実績No1大手なら です。

まずは登録だけでも!

登録・相談・紹介 すべて無料

※転職支援実績No1

転職エージェントにも、それぞれ特徴があります。

複数に登録してみて、比較してみましょう!

【 特徴別 】転職エージェント

総合型の転職エージェントなら

特化型の転職エージェントなら

迷ったらまずは
 求人数・実績No1

なぜ転職エージェントが良いのか?は、こちらの記事へ!

よくある質問:FAQ

FAQ

よくある質問をまとめてみました。

警察官の経験を活かせる他の職業はどんなものがありますか?

セキュリティ関連の企業、民間の調査会社、法務部門、危機管理部門、学校の安全指導員、公共交通の安全管理者などが挙げられます。
また、コミュニケーション能力や協調性、緊急時の対応能力は、あらゆる業種で重宝されます。

転職先でのキャリア発展の見通しはどうですか?

職種、業界、そしてあなたがどれだけ積極的にスキルアップに取り組むかによって大きく異なります。
転職エージェントとの打ち合わせで、自分に合った企業を見つけることが重要です。

転職活動を始める前に準備しておくべきことは何ですか?

転職活動を始める前に、自己分析を徹底的に行い、自分の強み、弱み、キャリアの目標を明確にすることが重要です。また、履歴書や職務経歴書の更新、業界研究、必要な資格の取得やスキルアップのための勉強も、転職活動をスムーズに進めるために必要な準備です。
転職エージェントは、これらをサポートしてくれます。

転職エージェントの利用はどれくらい早く結果が出ますか?

こればかりは個々の状況により異なります。
一般的には登録から1~2ヶ月で適切な求人を紹介してもらえることが多いです。
転職エージェントは、面接対策や履歴書のブラッシュアップなど、転職活動全般をサポートしてくれるため、活用すればするほど早く結果を出すことが可能です。

警察官専門の転職支援はありますか?

残念ながら警察官から他業種への専門はありません。
一般の転職エージェントでも、公務員経験者向けの求人を取り扱っていることがありますので、複数のエージェントに相談してみると良いでしょう。

転職エージェントを利用する際の特典は何がありますか?

特典には、無料のキャリア相談、履歴書や職務経歴書の添削サービス、面接対策のアドバイス、求人の紹介だけでなく、転職後のフォローアップなどがあります。
なにより、サービスを無料で受けられるのが最大の特典です。

転職が思ったように進まなかった場合の保証はありますか?

転職活動の結果を保証するものはありません。しかし、転職エージェントなら、さらに適切な求人を紹介したり、面接スキルの向上をサポートしたりするなど、継続的なサポートを提供してくれます。

転職エージェントを生かすべき理由についてはこちらをご覧ください。

まとめ

考える警察官

警察官の仕事は多くの人にとって憧れの職業かもしれませんが、すべての人に合うわけではありません。この記事では、警察官に向いているかどうかを自問自答している人たちに対して語りかける記事です。

「警察官に向いていない特徴」にあてあまると感じた場合、別の職業への転職を考えるきっかけになるかもしれません。

私自身、25年以上の刑事経験を持つ警察官として思うのは、転職を意識するだけでも精神的な負担は軽くなるということです。

転職エージェントを活用することで、自分の強みを生かせる職業を見つけるサポートを受けられます。無料で転職相談や職種の紹介、キャリアプランの相談などを受けられるので、リスクはありません。

この記事を通じて、警察官に向いているかどうかを悩んでいる人が、自分に合った職業を見つけることは、幸せな人生を送るための大切な一歩です。

もーやん

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ご感想、ご質問をコメント欄に書き込んでください!
泣いて喜びます!

もーやん
こんにちは!
この記事を書いた「もーやん」です。
刑事25年以上を経験した警察官です。
若い警察官の悩みを解決する記事や、魅力・やりがいを発信します!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次